営業を辞めたいと思ったらやるべきこと

「営業を辞めたい…」
かなり多くの営業マンが抱えている悩みだと思います。

ただ、勢いに任せて営業マンを辞めてはいけません。
理由は、売れない営業マンの転職は非常に厳しいからです。

そこで、営業をやめたい営業マンの方へ注意点などをアドバイスしますね。


スポンサードリンク




今の会社で少しでも結果を出す

やる気の無い営業マン
辞めたいのに「結果を出さなければならない」と聞くと矛盾しているように感じると思います。
ただ、これは非常に重要なことなんですね。

理由は、売れない営業マンを欲しがる会社はないからです。

営業マンの評価は残酷なほどハッキリしていますので、売れる営業マンであればヘッドハンティングの話が来ることがある一方、売れない営業マンは使いものにならないと判断されてしまいます。

当然ですが、職務経歴書には実績を書かなければなりませんし、元営業マンということになれば、面接でも実績を問われることは間違いありません。

ですから、何も実績がない状態で辞めるのは最悪です。
ひとつでも実績を作りましょう。

勉強や資格の取得

売れない営業マンほど、潰しが効かない人材はありません。

アポ→デモ、アポ→デモの繰り返しの仕事しかしていない営業マンを他部署で育成するほど余裕のある会社はなかなかないですからね。

ですから、ビジネス英語を勉強する、次の仕事に必要な資格を取得するなど、事前準備をしましょう。

その点、営業会社は移動や待機時間などがありますので、今の仕事を続けながら勉強や資格取得をすることができるはずです。

合格者のビッグデータに乗れ!【資格スクエア】の学習システム!

徹底して情報取集をする

日本のビジネス社会において転職回数の多さはマイナスイメージに繋がります。
(日本のビジネス社会は失敗者に厳しい)

ですから、「お!この会社良さそうだな!!」と安易に転職したものの、実際に入社してみたらブラック企業だったではシャレになりません。

最近では、在職中に仕事探しをする人の為の転職エージェントも多く、そういったエージェントでは秘密厳守で企業とのマッチングをしてくれたりします。

また、求人は季節などによって大きく変わりますし、このタイミングでしか求人を出さないといった企業もありますので、時間をかけてマメにチェクしましょう。

いくつかの求人サイトに登録し、自分の希望にあった求人が掲載されたらメールが来るように設定しておくといいでしょう。

既卒の就職なら!【ハタラクティブ】

面接確約!転職するならMIIDAS(ミーダス)!

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

リクナビNEXT

【転職支援サービス】

最後に

営業を辞めたいと思ったらやるべきことについてお送りしました。

逃げるように営業の仕事を辞めても、ひとつもいいことはありません。
大変だと思いますが、計画性をもって転職活動をおこなうようにしましょう!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ