営業ができないと思っている就活生に忠告

「営業ができません…」
営業職に就きたくない就活中の大学生の本音ではないでしょうか。

でも、運よく営業部への配属を逃れたところで、営業力がない人の将来は暗いですよ。
更に言えば、仕事に限らずプライベートにも大きく影響しますからね。

営業嫌いの就活生は、是非この記事を一読してください。


スポンサードリンク




就活中に既に営業力は問われている

営業はできません
営業というと「ものを売る」とか「目標やノルマが厳しい」「超体育会系」、酷い場合は「ブラック」というイメージを持っている就活生は多いと思います。

でも、就活は自分を企業に売り込む営業ですから、「営業ができない」なんて言っていたら希望の企業には入社出来ませんよ。

内定を沢山もらう人は、もともとのスペックが高い場合もありますが、自分を売り込むのが上手(営業力がある)という特徴があります。

ですから、「営業ができない」という泣き言は引っ込めましょう。

全ての業務、全てのビジネスマンに営業力は必須

あなたが営業部以外の部署に配属されたとします。
でも、営業と無縁になれるわけではありません。

社内営業という言葉がありますが、上司や同僚と良好な関係を保つため、他部署の担当者に気持ちよく協力してもらうためには営業力(コミュニケーション能力)が必要です。

また、社内で自分の企画を採用してもらうためには、営業力(プレゼン力)が必要ですし、取引先との価格交渉などにおいても営業力がなければ話になりません。


一見、営業力とは無縁のWEBだって例外ではありません。

「どのようなランディングページを作ればコンバーション率が上がるか?」といった課題を克服するためには、お客さまの気持ちを理解して購買欲をかきたてるような文章を作る必要がありますよね。

そのときに、圧倒的に役に立つのは営業力です。


では、人事はどうでしょうか。
面接官に営業力があるのとないのとでは、優秀な人材を獲得できるかどうかの確率が大きく変わってしまうでしょう。

こう考えると、全ての仕事において営業力が不要ということはありません。

プライベートでも営業力は重要

就活中の大学生で「就職先に関して親と意見が食い違っている」という人は少なくありません。「本当にやりたいことは違うんだけど…」と思いながらも、親の意見を無視するわけにもいかずに悩んでいるという話をよく聞きますからね。

ただ、こういう場面だって営業力がものをいいます。
親に対して、自分の将来のビジョンや志望動機を上手に売りこめるかどうかって、まさに営業ですからね。

そうそう、仕事を離れても同じです。
友人や恋人との関係など、プライベートのあらゆる場面にも営業力は役に立ちます。

最後に

営業というのは、何かを売りこむだけのことを指すわけではありません。
円滑な人間関係を維持する為のコミュニケーション力も営業力の一種です。

特に昨今は「コミュ障」という言葉があるくらいですから、今後の人生のためにも営業から目を背けないで貰いたいものです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ