新社会人は注意!大切なことはメールではな直接伝えよう

4月から新社会人になる方々に注意してもらいたいことがあります。
それは、「大切なことは直接伝える」ということ。

今の若い人達は、LINEなどでメッセージのやり取りをするのが日常化していますが、その感覚で会社でメールを多用するのは避けた方が無難です。

具体的な事例をもとに、社内でメールを使うデメリットについて解説しますね。


スポンサードリンク




社内でメールを多用するデメリット

メール
メールは相手の都合を考えずに送信できるというメリットがありますが、その一方でデメリットも多いもの。
事例をあげてみます。

「直接言ってこい!」と思われる

私がデスクで仕事をしていると「ピコーン!」とメールを受信しました。
「何のメールだろう…?」と思ってメールを開いたら、隣の席に座っている部下からの連絡事項だったんです。

「おいおい、隣にいるんだから直接言った方が早いだろ…」
これ、笑い話みたいですけど本当にあった話です。

送信した側には悪気が無くても、受信した側は「?」って感じます。

ですから、新社会人のみなさんは、配属当初は上司とのコミュニケーションを図るためにも直接伝えるようにしましょう。

メールの作成に時間がかかる

会社のメールは友人とのLINEのやり取りとは違って、丁寧な言葉使いが必要です。また、「文法的におかしくないかな?」「誤字脱字はないかな?」と慎重に作成しますので時間がかかってしまう傾向があります。

そんな無駄な時間を使うのであれば、直接伝えた方がずっと早く済みます。

メールは誤解されるリスクがある

メールでは会話と違って、相手の表情や話し方、声の大小などの情報がありません。
誰が書いても無機質なテキストですから、文面によっては大きな誤解を生むことになります。

ですから、大切なことほど直接面と向かって伝える必要があります。

メールは文面がずっと残る

メールで作成した文面はずっと残ってしまうというデメリットがあります。
ですから、感情的になってメールを作成し送信してはいけません。

直接のいい合いであれば、録音でもされていない限り残ることはありません。
上司に意見したり疑問をぶつける場合は、直接伝えた方が無難です。

読む側の負担になる

ビジネスマンになってしばらくすると分かるのですが、1日に来るメールの数はけっこう多いんですよ。
ですから、読む方に負担をかけてしまうというデメリットがあります。

特に、判りづらい文章や長々したメールは、相手はうんざりしています。

本日のまとめ

だからといって、メールを一切使ってはいけないというわけではありません。

相手が不在だったり、移動中など電話に出られないようなときの簡単な伝達事項はメールの方が効率がいいですからね。

ただ、それでも隣にいる上司にメールするのはどうかと思いますが(笑


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ