複式簿記の確定申告が大変だった方は次回からクラウド会計のfreeeを使いましょう!

確定申告の期間が終わりましたが、ちゃんと申告しましたか?
なかには、普段の帳簿付けがいい加減で苦労した方もいるのではないでしょうか。

「もうこんな思いをしたくない」とか「来年からはキッチリ確定申告する」と思っても、青色申告は複式簿記ですから「でも、大変なんだよな…」とか「複式簿記が面倒くさい…」というのが本音ですよね。

それに、税理士に頼めば万単位の顧問料がかかりますし…

そんな状況であれば、クラウド会計サービスのfreee(フリー)を使うといいですよ。

登録内容が自動的に複式簿記形式になりますので、簿記の知識が無くても大丈夫!
料金も安いので最高です。


スポンサードリンク




青色申告のメリットは多きい

確定申告
個人事業主の方の中には、白色申告をしている方が多いですが、ある程度売上が上がってきたら青色申告にすることをおすすめします。

理由は、複式簿記で帳簿を作成すれば、年間65万円もの控除が受けられたり、赤字分を差し引ける「純損失の繰越し控除」など、メリットが大きいからです。(他にもメリットがありますが、当記事の本題から逸れますので割愛します)

複式簿記問題はクラウド会計freeeで解決

「そんなこと知ってるけど、税理士雇うほど売上ないんだよ!」
こんな声が聞こえてきそうですが、そんな方にはクラウド会計freeeを知ってもらいたいです。

以下はfreeeのQ&Aページからの引用ですが、freeeでは自動的に複式簿記形式としてデータが保存されます。

会計freeeは、専門知識が無い方でも簡単に記帳できるよう設計されていますが、登録内容は自動で複式簿記の形式に変換・保存されています。

専門知識をお持ちで複式簿記の方が慣れている方は、複式簿記の形式で会計データを登録・参照・出力できます。

出典:freee は複式簿記(仕訳)形式に対応していますか? – はい、対応しています。 – ヘルプセンター


「でも、経費の仕分けが判らないけど…」と言う方も安心。
以下の引用を見てください。

勘定科目は、取引の登録時にプルダウンから選択したり、検索して選択します。freeeでは、よく使われる勘定科目が表示されるように初期設定してあります。

検索で表示される勘定科目を変更したい場合は、[設定]→[勘定科目の設定]にて「検索での表示」の設定を変更します。

また、勘定科目が存在しない場合は、新規に追加します。

出典:勘定科目を追加・削除する(勘定科目の設定) – ヘルプセンター


ただ、検討もつかない場合もあるでしょう。

例えば、パソコンの購入費用の仕分けで悩んだときは「PC 仕訳」というキーワードでググればOK。
いくらでも情報がありますから、それを見てば誰でもどこに仕分ければいいかわかります。

こんな仕分けや記帳を税理士に任せるだけで、月2~3万円も顧問料が発生することを考えれば、クラウド会計freeeで自分でやっていしまった方がいいですよね。

ちなみに、freeeは一度仕分けたものは自動で仕分けられますので、次回から仕分ける必要すらなくなりますよ!

本日のまとめ

私自身、以前まで記帳代行を税理士さんにお願して顧問料を支払っていましたが、クラウド会計freeeを使って自分で会計処理するようにした経験者ですが…

「おいおいおい!めっちゃ簡単に出来るじゃん!」って感動してしまいました。
(以前に支払った税理士顧問料がもったいないと思えるほど)

無料で試せますので使ってみてください!
便利すぎて腰抜かしまっせ~!!

▼ freeeお試しページはこちら ▼


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ