個人事業主で口座を開設したいけど断られた方に試してもらいたい方法

独立・起業をする際に絶対に必要なものが事業用口座。
大抵の場合は、事務所から近い銀行口座を作ろうと思うのですが、ここでひとつ問題があります。

それは、法人口座を開設しようと思っても、銀行から断られることがあるということ。
独立・起業時には信用がありませんからね。

そういう私も三井住友銀行さんに口座開設を断られた経験があります。

ただ、取引先の関係でどうしても〇〇銀行の口座が必要というケースもあると思いますので、私の実体験をもとに事業口座開設を断られた際の裏ワザをお教えします。


スポンサードリンク




信金と都市銀に口座が欲しかった

事業用口座の通帳
私は川崎市で起業しましたので、地元の信金である川崎信用金庫の口座と、取引先用に都市銀の三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の口座を作ろうと思いました。

信金口座が欲しかったのは、自宅の近くに都市銀が無いのでやむを得なかったという理由。
都市銀の口座が欲しかったのは、取引先に対するイメージと振込手数料を節約するためです。

そして、必要書類をもって意気揚々と銀行周りをしたわけですが、想像もしていないような対応を受けることになってしまいました。

都市銀は審査が厳しい

一番最初に行った川崎信用金庫では、すんなり口座開設をしてくれました。

しかも、「支店長をお呼びしますので!」と丁寧な対応をされたので、「いえいえ、お忙しいのに悪いですからけっこうです」とこちらが気を使って断りました。

最初に、このような対応を受けてしまったからかもしれませんが、この後の都市銀の対応には驚かされてしまうことになります。

まずは三菱東京UFJ銀行で同じように法人口座開設をお願いしたら、「口座が開設できるかどうかは後日ご連絡いたします」と言われてしまいました。

今、考えれば当たり前のことですが、「え!?口座が作れないことってあるの?」と不安になったことを覚えています。

また、次に行った三井住友銀行では、「只今、法人口座のお申込みはお断りしております」と超おっかない顔のおじさまスタッフに言われ、相手にもされませんでした。

「うひゃあ~、都市銀に法人口座を持つのって大変なんだな…」と落胆しましたよ。

断られても法人口座を開設する方法

結局、三菱東京UFJ銀行の法人口座は無事に開設できることになりました。
(多分、個人口座の預金額が多かったのがプラスに働いたのでしょう)

しかし、取引先の都合上、どうしても三井住友銀行の口座も欲しかったんですよね。
そこで、私は最初に行った支店と違う支店に足を運びました。

すると、驚くほどすんなり法人口座を開設することが出来たんです!
「えっ!?この場で法人口座開設のOKがもらえるんですか?」って驚いちゃいましたよ(笑

考えてみれば、最初に行った支店は大きめの街にあるので、いつ潰れるかもわからない立ち上げたばかりの会社の口座開設が手間にしか思えなかったのでしょう。しかし、2番目に行った支店は小さな駅にあるので、法人口座を獲得出来るということで前向きに対応してくれたのだと思いました。

本日のまとめ

個人事業主で口座を開設したいけど断られた方に試してもらいたい方法をお送りしました。

独立・開業時は信用が無いので何かと大変ですが、諦めずに方法を考えれば何とかなるものですよ!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ