ブログのドメインの決め方

集客用のブログを作ろうと思ったら、決めなければならないもので最重要なのがドメインです。
基本的には一度決めたらドメイン変更はしない方がいいので、超重要になります。

ただ、初めてドメインを決めるときには非常に悩みますので、気をつけるべき点について解説しますね!


スポンサードリンク




ドメインの基礎

ドメイン
「そもそもドメインって何!?」
こう言う方も多いと思いますので簡単に説明すると、ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。

例えば、当ブログのドメインは、営業.bizです。
そして、bizの部分を第一レベルドメイン、営業の部分を第二レベルドメインと言います。

話を戻しますが、住所がなければ迷ってしまうはインターネット上も同じこと。
あなたのブログがどこにあるのかを表すのがドメインだと思ってください。

ちなみに、ドメインを決めるというのは、第一レベルドメインと第二レベルドメインの両方(組み合わせ)を決めるということです。

第一レベルドメインの決め方

第一レベルドメインには、com,net,info,biz,xyzなどの他に、日本を表すjpや東京を表すtokyoなどさまざまな種類があります。そんなに神経質になる必要はありませんが、決める際には気をつける点はあります。

例えば、大阪の会社がtokyoという第一レベルドメインを使うのは変ですよね。

更に第一レベルドメインには、それぞれ意味があると言われています。

  • com(コム):commercial(商業・商用)という意味。
  • net(ネット):ネットワークインフラの意味
  • org:organization(組織)という意味。
  • info(インフォ):Information(情報)という意味。
  • biz(ビズ):business”(ビジネス)という意味。
その他にもいろいろありますが、上記の第一レベルドメインがメジャーです。
悩んだらcomかnet、infoを選んでおけば間違いありません。

ちなみに、当ブログの第一レベルドメインはbizですが、営業マンなどのビジネスマン向け情報を発信するブログなので、第一レベルドメインをbizにしました。

第一レベルドメインの注意点

第一レベルドメインを決める際に気をつけたい点があります。
それは、安いからという理由でマイナーなドメインを選択しないこと。

私は以前にpwというドメインを取得して複数のサイトを作りました。
理由はドメインの取得代が100円以下で超激安だったからです。

しかし、結果的には大失敗に終わりました。
いくらサイトを更新しても、Googleがインデックスしてくれないのです。

※ インデックスとは検索エンジンのデータベースに情報が格納されること。
  これがされないと、ブログやサイトが表示されることがない。


これには参りましたね。
何週間もかけて作成したサイトが検索結果に表示されることはなく無駄に終わりました。

第二レベルドメインの決め方

第一レベルドメインと同時に決めなければならないのが第二レベルドメイン。
しかし、第一レベルドメインよりも、ずっと重要なので慎重に決めるようにしてください。

例えば、当ブログは営業に関する情報提供を目的としているので、第二レベルドメインは営業ですが、もしこれがカフェだったらどうですか?

そこまで違和感のあるワードを第二レベルドメインにする方は少ないにしても、関連性の低いドメインのブログやサイトはよく見かけます。

また、以前ほどではありませんが、Googleではドメインにキーワードが使われていると検索結果の上位表示で有利になりますので、どんなキーワードで検索されたときに上位表示されたいかをよく考えて第二レベルドメインは決めるといいでしょう。

第二レベルドメインには3種類ある

第二レベルドメインには、英語ドメイン、ローマ字ドメイン、日本語ドメインの3種類があります。

例えば、当ブログの営業という第二レベルドメインは日本語ドメイン。
もし、これが英語ドメインならsales、ローマ字ドメインならeigyoとなります。

どのドメインが強い弱いはありません。
ただ、海外からの集客を考えているのであれば、英語ドメインを使っておいた方が無難です。

また、日本語ドメインの場合、日本人にとっては判りやすいのですが少々何点もあります。

ひとつは、メールのドメインとして使えないこと。
ですから、Gメールなどでメールアドレスを取得しなければなりません。

また、リンクが貼られたときに判りづらいということ。

例えば、当ブログのリンクはこうなってしまいます。
http://xn--j2rs27b.biz/

これはピュニコードというのですが、意味が解らないですよね。

今後、ピュニコードではなく、どこでも日本語の文字列で表示されるようになるかもしれませんが、現状はこうなのです。
ですから、第二レベルドメインは、英語かローマ字にしておくのがいいでしょう。

本日のまとめ

さて、いろいろ考えて「よし!このドメインにしよう!!」と思っても、必ずしも希望のドメインが取得できるかどうかは判りません。

既にほかの人が取得済みの場合、そのドメインは使えないのです。
ですから、ドメインが開いているかどうかをチェクしながら考えることをおすすめします。

やり方は簡単です。
以下のようなドメイン取得サービスで候補のドメインを打ち込んで検索してください!

【この部分にお好きな文章を入力してください。】

そのドメインが使えるかどうかすぐに解りますよ!
ちなみに、ドメインの検索だけなら無料ですのでご安心を。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ