営業マンが気をつけたい水分補給について

外回りの営業マンは当然ながら歩き回りますので喉が渇くわけで。

ましてや、次の商談までの待機時間などもありますから、自動販売機で缶ジュースを買ったり、ファーストフードやファミレス、カフェなどでドリンクを注文したりしちゃいますよね。

ただ、何でも飲めばいいってものじゃなさそうですよ。

ちなみに、私は水、緑茶、コーヒー以外はここ数年飲んでいません。
理由は、健康にいいからです。(と信じています)


スポンサードリンク




コーヒーと緑茶が最強

コーヒー
水が体にいいのは説明の必要はありませんよね。

ただ、ファーストフードやカフェに行って「水ください!」って言ったらくれるでしょうけど「ご注文は?」ってなりますので、やっぱり何かしら頼まなければなりません。

じゃあ、何を頼むかってことになりますが、私のように健康が気になるお年頃の方はコーヒーか緑茶がよさそうです。

ネット上にも、以下のような情報がありますからね。

緑茶摂取量と全死因および主な死因による死亡リスクとの関連について評価しました。主な結果は以下のとおり。

男性における全死因死亡のハザード比は、緑茶を1日1杯未満しか飲まない人と比較して、1~2杯飲む人では0.96、3~4杯飲む人では0.88、5杯以上飲む人では0.87でしたまた、女性におけるハザード比は、順に0.90、0.87、0.83でした。
緑茶摂取は、男女両方における心疾患による死亡率、男性における脳血管疾患および呼吸器疾患による死亡率と逆相関していました。
緑茶摂取と全癌死亡率との間には関連が認められませんでした。

出典:緑茶を1日5杯以上飲む人は心筋梗塞、脳卒中、喘息のリスクが減る? – まぐまぐニュース!


 さて、コーヒーをほとんど飲まないグループの全死亡リスクを基準に比較したところ、危険度(95%信頼区間***)は、1日1杯未満で0.91、1日1~2杯で0.85、1日3~4杯で0.76、1日5杯以上で0.85となった。(図1)

引用画像

出典・画像引用元:コーヒーを飲むと、死亡リスクが減る。 | 全日本コーヒー協会


ちなみに、緑茶に何か入れる方は少ないと思いますが、コーヒーはガムシロやコーヒーフレッシュは入れずにブラックで飲むべきです。

甘いドリンクの取りすぎには要注意

疲れているときなどに清涼飲料水など甘いドリンクを飲みたくなる方も多いと思いますが、飲みすぎには要注意です。

【参考】【閲覧注意】うわっ…スタバやコーラ、シェイクの糖分多すぎ! – NAVER まとめ

意外だったのはスポーツドリンク。
糖分が多いんですね…

毎日何かしら甘いものを飲んでいる方って多いと思いますが要注意ですよ。

本日のまとめ

営業マンは体が資本。
食べ物だけでなく、飲み物にも気を使いたいものです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ