マイナス金利で予想通り金庫が売れまくり!あなたの資産をどう守りますか?

東洋経済オンラインにタンス預金用の「金庫」が売れまくる異常事態という記事が載っていました。

日本の借金は1000兆円を超え、書店にも「日本経済破錠!」のような本が並んでいるので、以前から「金庫が売れそうだから金庫メーカーの株買っとけばいい」みたいに言われていましたが、マイナンバーやマイナス金利導入をきっかけに金庫購入が本格化したようです。

個人的にも興味があるので、この件について取り上げてみます。


スポンサードリンク




金庫購入が資産防衛の役に立たない理由

金庫
今日の内容の参考記事はこちら。
興味のある方はどうぞ。

【参考】タンス預金用の「金庫」が売れまくる異常事態 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ただ、個人的には金庫を購入しても資産防衛にはならないと思います。
その理由をいくつかあげてみます。

盗難のリスク

まず、よっぽど大きい金庫でなければ、金庫ごと盗まれます。
実は、私は金庫ごと盗難にあった経験があるんですよね。

外国人2人組に空き巣に入られたのですが、家の中はほとんど荒らされていることはなく、金庫とビデオカメラが盗まれていました。(他に金目のものがなかったからかもしれませんが)

幸い金庫にはパスポート位しか入れていなかったので被害は少なかったのですが、それ以来金庫に対する信頼は全くありません。考えてみれば、「ここに大切なものがありますよ!」って空き巣に教えるようなものですからね。

それ以来、大事なものは銀行の貸金庫に預けてあります。

それにしても、こんなニュースが流れたら空き巣被害が絶対に増えるでしょうね。
ますます金庫なんて信用できません。

日本円を入れておいても無駄!?

現金を銀行からおろしてきて金庫に入れて置く方も多いと思いますが、正直言ってそれが資産防衛になるとは覚えません。

  • 超円安
  • 超インフレ
  • 新円切り替え
上記のようなことがあった場合、円の価値が暴落したり最悪紙切れになります。

詳しく書くとキリが無くなりますので、興味のある方は以下のサイトを参考にどうぞ。

【参考】財務省が慌て始めた 超円安! 「1ドル=200円」に行き着くという見方もある  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

【参考】ハイパーインフレーション – Wikipedia

【参考】新円切替 – Wikipedia

本日のまとめ

投資がいいかと言えば単純にそうとも言えません。
最近の日経平均の値動きの激しさは、勉強していない人にとってはリスクが高すぎます。(為替取引も同様)

また、現金でなく株で資産を持っていても、国が預金封鎖や資産税などの強硬手段に出た場合は証券も財産として対象になってしまいますしね。

外国口座を作って資産を移すという方法もありますが、アメリカやヨーロッパ経済が絶対という保証もありませんし、資産を簡単に動かせなくなるリスクがあります。金額が大きければ国に申告するの義務もあります。

【参考】資産家は要注意 「海外に5000万円」なら申告義務  :日本経済新聞

本当に難しい問題です。

ただ、過去の歴史や昨今の事例(ギリシャやキプロスなど)、経済の最新状況に対して常に注意を払い、そのときの状況によって柔軟な対応ができなければ、資産を守ることはできない時代になってしまったことだけは間違いありません。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ