転職で成功してければ規模や条件ではなく、自分の強みが活かせるかを最優先しよう!

転職を考えている人のほとんどが自分が入りたい会社のことばかり考えます。

「有名企業か?」
「規模は?業績は?」
「福利厚生は?」
「休日や残業は?」

ただ、このような判断基準で転職するのにはリスクがあります。

やはり、自分の強みが活かせるかどうかを最優先して考えましょう!


スポンサードリンク




ぶら下がり思考が強い人間を欲しい企業はない

転職を考えているビジネスマン
新卒の大学生のほとんどは安定志向から公務員か大企業に就職を希望します。
いい条件の職場にぶら下がりたいわけです。

ただ、第二新卒までは通用しても、一般の転職者にこのような考え方が通用するほど日本の転職市場は甘くありません。企業にとってもっとも負担の大きい経費は人件費ですからね。

ですから、最初から欲しい欲しいばかりの人間を欲しがる企業があるわけがないのです。

現状が永遠に続くという幻想

また、大企業に転職できれば安心と考えるのもどうでしょうか。

東芝やシャープの状況を考えたら、一部上場企業でも数年先はどうなるかわからないというのが現代のビジネスシーンの現状です。

また、大企業にまんまと転職できたとしても、定年まで無事に勤め上げられるかどうかわかりません。

大企業には優秀な人材が多いですからね。
周りについていけなければ苦痛ですし、いつリストラ候補になるかもわかりません。

ですから、大企業に転職できれば安泰と考えているのは、あまりにも浅はかです。

自分の強みを活かせるかどうかがポイント

では、転職の際に大切なポイントは何かと言えば、ズバリ「自分の強みが活かせるかどうか」になります。

企業側が求めているのは、人材の頭数ではありません。
今現在抱えている問題を解決できたり、将来の展開に合致するような人材が欲しいわけです。

ですから、自分の強みが活かせる会社に転職するというのは、自分と会社の両方にメリットとなる幸せな転職となるのです。

本日のまとめ

「いい転職先がなかなか見つからないんだよ…」
こう思っている方は、企業の規模や条件に拘りすぎていませんか?

誰も知らないような会社に勤めるのが嫌だったり、恥ずかしいというようなプライドが邪魔していませんか?

ただ、考えて欲しいのは、転職して毎日仕事をするのは自分です。
お金や世間体を気にして転職することほど愚かなことはありません。

自分の強みが活かせるかを基準にしてみると、今まで気が付かなかった魅力的な企業が見つかるかもしれませんよ。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ